利休は最後、切腹前にお茶をもてなしているというが。なんとうお点前で

千利休は秀吉から切腹を命じられて、

京都の聚楽第の屋敷で最後のその日。

 

介添人にも最後のお茶をふるまったと。

命乞いを秀吉にこうようにも促したが。断ったと。

 

なんと潔い死の迎え入れようか。

武士の魂にも似た。

信長、秀吉とときの天下人に茶頭として仕えただけあり。

堂に入ったモノ。

 

最後のとき、何をおもったのか。

 

安倍晴明神社で必死に彼の最後の気概を読み取ろうとしてみたもの。

 

今でも残る利休が使ったとされるお茶用の井戸を目の前にして立ち尽くしてしまいました。